何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 成長戦略会議
成長戦略会議
 今年度の受験者にとっては多難続きだが,平成21年度国土交通白書『国土交通白書2010』はいつ公表されるかわからない状態だ.それもこれも政権交代のおかげか.第二部の構成はそうそう変わらないはずだから,指をくわえて待つより,昨年(平成20年)度の白書で勉強を進めておくべきだと思う.

 昨日提言がまとめられたようで,その正式な文書は公表されていないが,とりあえず「国土交通省成長戦略会議の重点項目」には目を通しておきたい.
 昨年閣議決定した新成長戦略の基本方針にも,“環境技術において日本が強みを持つインフラ整備をパッケージでアジア地域に展開・浸透させるとともに,アジア諸国の経済成長に伴う地球環境への負荷を軽減し,日本の技術・経験をアジアの持続可能な成長のエンジンとして活用する.”という建設一般でそのまま使えそうな文章が盛込まれているので.

 国土交通省の有識者会議「成長戦略会議」は28日、海外でのインフラ受注の支援策などを盛り込んだ提言をまとめた。日本企業の国際展開を後押しすることでインフラ整備などの海外受注額を今後10年で計10兆円以上にする計画。航空路線や便数の制限をなくすオープンスカイ(航空自由化)の加速なども求めている。
 提言は5月下旬にも正式に採択される。国交省はその骨格部分を政府の新成長戦略に盛り込むよう提案する。
 現在、日本のインフラ関連の海外受注額は全体で年1兆円強。提言は国交省の支援を受けた案件だけで2020年までに計10兆円以上を受注する目標を設定。首相の親書を円滑に発行できる体制を整えるなど、相手国・地域への働きかけを強め、資金支援も進める。……以下省略……
 「日本経済新聞 2010年4月29日」

 政府は,アジア諸国を輸出先でなく,(日本と一体の)内需として見ることが重要,と考えているようだ.うーん……内需の拡大解釈か?当たり前の話だが,新幹線や高速道路,水資源開発,原子力発電などのインフラ整備を支援すれば,アジア諸国の国民は豊かになる.豊かさの尺度は難しいところだが,1人当りGDPや人間開発指数(HDI)になるのかな.

 こうして豊かになった人々はモノを買うはずだから,そこでの需要(これこそ日本と一体の内需?)も取込めるという発想のようだ.これって,年間所得3,000ドル(約28万円)未満で暮らす開発途上国の低所得者層に向けた,BOPビジネスそのものじゃないか?ずいぶん前からネクスト・マーケットとして目を付けられていたのに,なんとも悠長な発想だなぁ?.
 いいとこ取りのようだが,BOP層が日本からモノを買うという保証はどこにもないし,アジア諸国以前に日本国民の豊かさが減衰しているような…….

PDF:国土交通省成長戦略会議の重点項目について
参考ホームページ:国土交通省成長戦略会議

―今日のことわざ―
穴の貉を値段する


建設一般 | 【2010-04-29(Thu) 10:24:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター