何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 事務連絡
事務連絡
 ここ数年同じ傾向なんだけど,今日公表された正答を自己採点すれば一次試験の合否がわかるので,二次試験の添削受講申込みに関する問合せがありました.これまでの受講者さんの中には,一次試験合格の翌年二次試験に受かった方もおられるので,気持ちを引締めて頑張ってほしいと思います(合格された皆さん,おめでとうございます).
 添削受講の申込みについては,こちらのページを読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.くれぐれも,以下の合否決定基準に達していることを確認してから,お申込みください.

平成22年度技術士試験の合否決定基準は、次のとおりとする。
1 第一次試験
 合格適格者は、適性科目、共通科目、基礎科目及び専門科目(免除される試験科目を除く。)について、次に掲げる全ての要件を満たす者とする。
(1)適性科目の得点が50%以上であること。
(2)共通科目として選択する2科目の各々について、得点がその科目の平均点以上であること。
(3)基礎科目及び専門科目の各々の得点が40%以上、かつ基礎科目及び専門科目の合計得点が50%以上であること。
  基礎科目を免除される者については、専門科目の得点が50%以上であること。

―受講者の皆さんへ―
 今週末の23日(土曜日)と24日(日曜日)は,添削講座を通じて知り合った合格者さんたちとの飲み会なので添削できないと思います.10月22日に送られたメールは,基本的に10月25日以降の返信になります.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.
 現在受講されている方も,ぜひ合格していただいて,次回の飲み会への参加をお待ちしております.

日々寸感 | 【2010-10-18(Mon) 18:46:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター