何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 死傷者数と事故発生件数が過去最悪のようです.
死傷者数と事故発生件数が過去最悪のようです.
 「死傷者数と事故発生件数が過去最悪」ということになると,「交通安全対策」が出題されるかもしれませんね.道路が専門の方は,せめて施策がイメージできるように準備しておきましょう.
 交通事故対策については,高齢者への対応をどうするか,というソフト面が焦点になってくると考えています.ハード面の対策も重要ですが,これについては文献を読んでください. 

 政府は31日の閣議で2005年版の「交通安全白書」を決定した。幹線道路での交通事故が特定区間に集中しているため、新たに死傷事故率の高い区間を抽出、重点的に事故対策に取り組む。年代別の事故死者数では、65歳以上の割合が4割と最も多く、高齢者の安全への意識を高める事業の拡充も提言している。

 昨年1年間の交通事故による死者数は7358人で、03年より344人減った。シートベルトの着用率向上などで、4年連続の減少となった。

 一方、死傷者数は119万478人で、前年比1345人増。事故発生件数も95万2191件と同4198件増え、いずれも過去最悪を更新した。ほぼ100人に1人が交通事故で死傷している計算だ。政府は特定の道路区間で事故が多発している点に注目。事故数の多い道路をチェックし、歩道の新設などの対策を講じることにした。……「NIKKEI.NET 2005年5月31日」


 高齢者が巻込まれる事故としては,「頭では横断できるとイメージしていても,体がそのイメージに追いつかず,車にはねられた」など,自己の過信が原因となるケースが見受けられます.
 他方,規制標識の意味を忘れるなど,交通ルールを無視した運転も多いですね.高速道路の逆走などは典型的な例です.
 たとえば,「頭では暗記できると思っていても,試験当日は頭が真っ白で,何も書けなかった」など,歳を取れば誰でも起こりうる現象です.
 
 こうした現象に対処するには,頭のイメージだけでなく,体で覚えることが大切なのです.技術士試験でも,指にタコができるぐらい書かないと,用意した論文を覚えることはできないでしょう.
 
 まとめると,体で覚える「体験型」の交通安全教育を実施,それで危険だと判断されたら免許返還するといった荒行も必要になってくるでしょうね.

―今日のことわざ―
習うより慣れよ


道路科目 | 【2005-05-31(Tue) 12:29:01】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター