何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 道路特定財源の使い道
道路特定財源の使い道
 ちょっと右よりの読売新聞ですが,「道路特定財源に関する社説」については,世論を的確に捉えていると思います.私は「一般財源化」には反対ですが…….

6月6日付・読売社説(1)[道路特定財源]「一般財源化を基本に見直せ」
 縛り付きの資金が十分確保されているからこそ、不要不急な道路の建設が止まらない。こんな歪(ゆが)んだ構造は、早急に是正しなければならない。
 使い道を道路整備などに限定した道路特定財源について、見直し機運が高まってきた。巨額の剰余金が発生する見通しになったのがきっかけだ。
……中略……
 全国の道路事情は昔に比べ、はるかに改善されている。道路整備に巨額の資金をつぎ込む必要性は薄れた。剰余金に限らず、道路特定財源全体を再検討する時が来た、といっていい。
 一般財源化を強く主張するのは財務省だ。今年度末で約540兆円の国債残高を抱え、国の財政は火の車だ。危機的な財政事情を考えれば、特定財源は原則として国庫に繰り入れ、必要な道路のみ予算計上するのが、筋である。
 制度全体を一気に見直すのが難しいとしても、使い道は大幅に拡大すべきではないか。緊急課題なのに財源不足で進んでいない事業に集中配分するのも、一考だ。震災に備えた学校や病院、市町村役場の耐震化、保育所増設といった少子化対策などが、候補となろう。
 踏切の立体化、景観の向上につながる電線地中化など、すでに道路特定財源から一部支出されている事業を思い切って拡大することも、選択肢といえる。……
「YOMIURI ONLINE 2005年6月6日」

 私は,「道路事情が昔に比べはるかに改善されている」とは思っていません.たしかに,国道などの「幹線道路」は改善されてきました.
 しかしながら,私たちが日常使っている「生活道路」はどうでしょう.子供や高齢者などの交通弱者が安心できる歩道はありますか?自転車は安全に走行できていますか?
 
 このままでは,海外組に頼りっぱなしの日本代表と一緒です.道路も,全体の底上げが必要なのです.バーレーン戦での中田は,実力,リーダーシップとも,すごかったです……,見直しました.
 
 つまり,私たちの日常生活レベルで考えると,まだまだ整備すべき道路があるということです.最近の世論は「幹線道路」だけを取上げた論調になっている傾向があります.気をつけましょう.

―今日のことわざ―
前人樹を植えて後人涼を得


道路科目 | 【2005-06-06(Mon) 11:56:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター