何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 改正地球温暖化対策推進法が成立
改正地球温暖化対策推進法が成立
 温暖化対策は,建設一般論文の大本命です.常に新しい情報をチェックしておきましょう.

 改正温暖化対策:推進法が成立 排出量の報告義務化
 一定量以上の温室効果ガスを排出する大企業などの事業者に排出量の算定、国への報告義務付け、国が報告内容を公表することを盛り込んだ改正地球温暖化対策推進法が10日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。算定、報告、公表の仕組みを作ることで、民間企業などに自主的な排出削減への取り組みを促す。来年4月1日に施行する。
 ……中略……
 一定量以上の電力や化石燃料などを使用する工場などを持つ7000?8000社に報告義務が生じる見通し。

 03年度の国内の温室効果ガス排出量はCO2換算で13億3900万トン。そのうち企業や公共部門からの排出量は9億9900万トンと約79%を占め、1990年より7・6%増加した。環境省は「企業ごとの排出量が明らかになることで、排出削減に取り組む機運が高まることを期待したい」としている。
 「MSN毎日インタラクティブ 2005年6月10日」


 こうした対策が,大企業だけでなく中小企業まで波及するためには,強力なインセンティブが必要です.
 良い意味でも悪い意味でも,ISOが典型的な例でしょうね.今は,大企業だけでなく,どこもかしこもISOになっているでしょう.ISOがなければ仕事を出さないと脅されたわけですから…….
 ただ,排出量の削減も基本理念を徹底しないと,ISOと同じように「書類が増えただけ」の状態になってしまうでしょうね.気をつけたいものです.

 他方,クールビズについても,サマータイム同様,マッチポンプではいけません.やると決めたからには,徹底してやり通してほしいものです.
 技術士試験でも同じです.願書を出す(気分はマッチ状態),時間がないなどの言い訳をして受験しない(心はポンプ状態)ではいけません.これでは何時までたっても受からないでしょう.
 
 受験される方,中弛みの時期になりました……マッチポンプにならないよう,がんばってください.
 
―今日のことわざ―
言うは易く行うは難し


建設一般 | 【2005-06-10(Fri) 13:54:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター