何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2005年版の防災白書が閣議決定したようです.
2005年版の防災白書が閣議決定したようです.
 このごろ,忙しすぎます.もう少し妥当な工期がほしいものです.

防災白書:「公助・共助・自助」三つの観点盛る 05年版
 村田吉隆防災担当相は14日の閣議に05年版「防災白書」を報告し、了承された。災害に対する「備え」の重要性を強調し▽行政による「公助」▽地域コミュニティーによる「共助」▽個人による「自助」??の三つの観点から、それぞれが行うべき活動を盛り込んだ。

 住宅の耐震化を巡っては、全国約4700万戸のうち、約1150万戸は耐震性が不足しているとされる現状を説明。行政は、耐震改修工事の補助制度の活用を促進し、企業は安価な改修手法を開発、個人は耐震診断の実施などを進めるべきだと指摘した。……
「MSN毎日インタラクティブ 2005年6月14日」


 建設一般論文で「防災」を準備されている方は,社会資本整備といったハード面だけでなく,この記事のようなソフト面も盛込みましょう.
 土木という視野で捉えると,ついつい忘れがちになる住宅の耐震化.建設一般論文では建築の視点も忘れずに書きたいものです.
 
 「あり方」では,幅広く書く手法と論点を絞る手法があります.そのうち,論点を絞って書く方は,いろいろな施策をどこかに散りばめておきましょう.「はじめに」や「おわりに」でもかまいません.そうしないと,試験官によっては,知識不足だと判断され,減点になるかもしれませんから…….

―今日のことわざ―
巧言令色


建設一般 | 【2005-06-14(Tue) 12:58:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター