何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 模擬面接
模擬面接
 筆記結果発表から嵐のような日々でした.
 それにしても,受講者さんの筆記合格を聞きつけた大御所!?たちが「あれもこれも書け,アピールやパンチが足りない……云々」と,いったん仕上がっている技術的体験論文をいじくり回すのは勘弁してほしい.ブラッシュアップされるのならまだしも,ブラッシュダウン!?に振り回された受講者さんは大変だったと思います.当然,私も苦労しましたが…….

 現行試験制度では,細部のアピールや新技術などのパンチにこだわるより,課題や問題点に対する解決策の論理的なつながりを重視すべきだと思う.あれもこれも書こうとしすぎている,というべきか……あれもこれもの部分は,面接時に口頭で補足説明すればよいのに.

 今年も模擬面接を実施することになりました.私が行くのは3箇所(大阪・福岡・東京)です.週末しか時間が取れない一介のサラリーマンとしては,開催場所や回数を無尽蔵に増やせない…….東京は12月開催になったので,建設部門の模擬面接として時期的に間に合わなくなり,申し訳なく思っています.
 今年も,受講者OBの方々に無償で模擬試験官役を務めてもらうことになりました.受講者さんが負担される費用面から,受講者OBの方々に均等な声掛けができなかったんだけど,来年声が掛ったときにはよろしくお願いします.

 今年の北海道も,受講者OBだけで模擬面接を開催してくれるようです(本当にありがたい).恒例となりつつある模擬面接後の交流会が目的かもしれないけど,それも楽しみのひとつということで.
 普段ハンドルネームでコメントされている受講者OBに加え,ほかにも多くの受講者OBが,模擬試験官役の協力を快諾してくれました.皆さん多忙のなか,本当にありがとうございます.皆さんの“後進のために”という前向きな姿勢に感謝しております.

―平成24年(来年)度の添削受講について―
 「(事務連絡)論文添削について」の記事でお伝えしていましたが,すでに総監部門は締切しました.建設部門の残り枠は2名程度ですから,今後の申込みについてはお断りする可能性もあります(先着順です).申込みについては,建設部門(道路)の論文添削についてを読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.
 なお,私としては,これまでの受講者さんを優先的に引き受けるつもりです.これまでの受講者さんが再チャレンジを希望される場合などは,締切後でも結構ですから,私宛に直接メールしてほしいと思います.

日々寸感 | 【2011-11-07(Mon) 12:22:57】
Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント
らがーさん,こんにちは.

筆記発表から6日の深夜(恐らく)まで,嵐のような技術的体験論文の添削,本当にお疲れさまでした.
ようやく,一息付かれたのではないかと思います.
ところで大御所?とは,受講者さんの上司さん達とかでしょうか?
完成している論文を,「あーでもない,こーでもない」とイジラレルことは願い下げですよね.
受講者さんもさぞ混乱されたことでしょう.
もちろん,らがーさんも不愉快な思いをされたことと思います.

さて,今年も3地区の模擬面接に出張されるとのこと.
本当にお疲れさまです.
恐らく,11月中旬から12月初旬に掛けてだろうと思います.
これからの週末は長距離移動が続きますので,風邪など引かれないよう体調管理には十分留意してください.
まぁ,その疲れは,夜の交流会で癒される?とは思いますが… (^^)v.

昨年に続き,私にも声を掛けて頂きましたが,私用により参加できず,非常に残念です.
来年こそは私自身が模擬面接を受けられるよう頑張りたいと思います.
今月末頃にはメールを差し上げたいと考えていますので,その際はよろしくお願いします.

最後になりますが,
筆記合格者の皆さんは,頭が真っ白になるくらいの体験をされることを願っています.
そして,模擬試験官を務められる受講者OBの皆さん,後進のためにがんばってください.

長文になりましたが,この辺で失礼いたします.
2011-11-08 火 10:32:06 | URL | いなかもの #- [ 編集]

いなかものさん,こんにちは.

> ところで大御所?とは,受講者さんの上司さん達とかでしょうか?

⇒ご想像にお任せします(笑).
受講者さんの体験論文が改善されるのなら,いくらいじっても大歓迎なんですけど,なぜか改悪になる場合が多いんですよね…….
毎年のことなので,温厚な!?私が不愉快な思いをすることはないですが,右往左往してしまう受講者さんが不憫かなと.

> さて,今年も3地区の模擬面接に出張されるとのこと.
> 昨年に続き,私にも声を掛けて頂きましたが,私用により参加できず,非常に残念です.

⇒お気遣いありがとうございます.
宴会部長の不在は大きな痛手です(笑).

> 来年こそは私自身が模擬面接を受けられるよう頑張りたいと思います.
> 今月末頃にはメールを差し上げたいと考えていますので,その際はよろしくお願いします.

⇒了解です.
皆さんへのエールありがとうございます.
2011-11-08 火 17:37:39 | URL | らがー #- [ 編集]

らがー様へ

 こんばんわ。受験生にとっては是が非でも合格したいから、いろいろな人の意見に左右されるのも仕方がないですね。らがーさんは優しいから、苦労された様子が目に浮かびます。
 今年も筆記合格者の論文添削をしました。自らの体験論文なので、論文はどうしても、あれもこれも言っておきたいという域から脱出できない傾向にあります。そのために「課題+問題点+解決策」の流れが、手薄になったり、試験官の混乱につながったりしてマイナス効果となるケースも多い。
 私は、余分なものは口頭時の切札に活用してもらうことで、論文添削はバッサリ切りました。それよりも論理的考察力と課題解決能力の流れに重点を置くことが重要という指導をしています。でも最後は、人の意見を参考にして受験生自信が判断すべきですよね。
 また、アピールやパンチが必要ということもわかるような気がします。私は、図表を「専門性を見せつつ、わかりやすさを示す」ことが一番インパクトがあり、近道と考え指導しています。
 でも、様々な意見を取入れて、総合した受験生本人の意思が重要ですよね(らがーさんと心中というもの意思ですし。私がそうでした、納得するまで付き合っていただきましたから)

3会場の模擬口頭
がんばってください。

とりいそぎ
ココア
2011-11-09 水 00:51:35 | URL | ココア #- [ 編集]

ココアさん,こんにちは.

> らがーさんは優しいから、苦労された様子が目に浮かびます。

⇒提出期限が短い中での添削ですから,そんなに優しくはないですよ.

> 私は、余分なものは口頭時の切札に活用してもらうことで、論文添削はバッサリ切りました。それよりも論理的考察力と課題解決能力の流れに重点を置くことが重要という指導をしています。

⇒私のスタンスと同じだと思います.私もバッサリ切り捨てますよ(笑).

> また、アピールやパンチが必要ということもわかるような気がします。私は、図表を「専門性を見せつつ、わかりやすさを示す」ことが一番インパクトがあり、近道と考え指導しています。

⇒そういう意味でのアピールやパンチならいいのですが,論理的考察力と課題解決能力の流れに関係ないものを強引に盛り込もうとするケースがあるんですよね.
とりあえず新技術や目新しいものを入れ込んでみたいな…….

> 3会場の模擬口頭がんばってください。

⇒ココアさんにも無理を言いますが,よろしくお願いします.
2011-11-09 水 12:05:42 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター