何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 制度改正への順応
制度改正への順応
 例年この時期は暇になるはずなんだが,(なぜか他の業務で手一杯のときに限って)止まっていた業務が急に動き出したり,災害対応で現場に駆り出されたり……と,やたら忙しい.
 平成25年度から試験制度が改正され,従来の建設一般(必須科目)は記述式から択一式になる予定だ.択一式のほうが,網羅しなきゃいけない(建設部門全般にわたる)専門知識は格段に増える……とはいえ,試験制度の改正に対し,とやかく文句を言っても始まらない(パブコメは別の話)んだから,いかに順応して合格するか,を考えるべきだと思う.

 先日「ヒートアイランド対策大綱中間とりまとめ」が公表されたが,以下のような文章は択一式の問題として使えるかもしれない.たとえば,引用文(下線部)の①から⑤を選択肢として列挙し,【「ヒートアイランド対策大綱中間とりまとめ」において新たに追加された対策の柱として,最も適切なものはどれか?】→⑤が正解,みたいな感じ.この程度のレベルならサービス問題だと思うので,確実に正解しておきたいところ.

 ヒートアイランド対策は、これまで①人工排熱の低減②地表面被覆の改善③都市形態の改善④ライフスタイルの改善を柱として進められてきたが、⑤適応策の推進についても対策の柱の一つとして位置付け、国民の理解と協力の下で対策を推進していく。
 「ヒートアイランド対策大綱中間とりまとめ」p.3から引用

 10月末には受講者さんへ配布する予定で,択一問題を作成しているんだけど,これが結構どころか,とてつもなく大変な作業になっている.国土交通白書は当然として,いろんな公的資料から問題を作っているので,時間がかかるのなんの…….日々の限られた時間を考えると,受験者自らが情報収集し,その資料を読込み,問題を予想するのは正直難しいんじゃないか,と思う.

 建設部門の受験者誰もが,必須科目(択一式)を避けて通れないので,「道路科目以外の選択科目で受験する予定だが,必須科目(択一式)だけ添削受講できないのか?」という問合せが多数寄せられています.そのため,択一式の問題集だけ,DL-MARKETなどのデジタルマーケットでダウンロード販売する予定です.
 なお,「建設部門(道路)の論文添削について」で書いているように,添削受講者さんには追加料金無し(無料)で択一式の問題集を配布します.

参考ホームページ:「ヒートアイランド対策大綱中間とりまとめ案」に対するパブリックコメントの結果及び「ヒートアイランド対策大綱中間とりまとめ」の取りまとめについて
PDF:ヒートアイランド対策大綱中間とりまとめ

―平成25年(来年)度の受講者さんへ―
 建設部門(道路)の受講者さんには,本日25日付けで専門(従来の選択科目)想定問題その1を配布しました.総監部門も同日に想定問題その1を配布済みです.もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれているかもしれないので.

日々寸感 | 【2012-08-25(Sat) 12:12:18】
Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント
らがーさん,こんにちは.

建設部門の択一問題作成,お疲れ様です.
建設部門はその出題範囲がとてつもなく広いと思いますので,どこまで手を広げるか悩ましいところだと思います.でも,受験生にとっては,こうしてらがーさんが,択一問題集を作成していただけるのはたいへん有難いことだと思います.どんな問題集なのか私としては興味津津といったところです.購入してみたい気分です(^^)v.

ということで,いつか総監部門の択一問題集も検討していただけると,来年も受講予定者?としては心強いのですが…やはり無理なのでしょうか?(^^)v.

毎年,択一式に泣かされている「いなかもの」でした.
2012-08-26 日 06:37:58 | URL | いなかもの #- [ 編集]

らがー様へ

 ご無沙汰です。フラッとよりました。択一問題集ですか。驚きました。きっと売れすぎちゃいますね。
 私が受験生なら、んー、らがー講座の特権としてなくなってしまうのはどうなのかなー。さびしいと正直思うだろうなー。でも。課題解決論文だかなんだか加わるんですよね。課題の出し方をこれまでのような技術的体験論文のような自由なものではなく、受験者共通課題(今の総監筆記論文のような)を提示した課題解決論文の問題だとしたら、この論文対策は一筋縄ではいかない。コンサル個人の技術力、素質を問うことができる。世の技術士受験講座でも差がつきますね。詳しいことはわからないけど、今までの筆記論文よりも、個人の考えを問いだたせるいい制度のような気がします。これがあるなら、一般論文対策の択一問題集が公開されても、らがー講座のメリットは十分あると思うので心配していないんだけど・・・。
 でも、一次試験で択一にしておいて、今更二次でも択一って、わけわかんない。もしそれで足切りになったりしたら寂しいな。今後の二次試験の筆記勝負は課題解決の論文だと思うのですか、スタートラインにも立てないかもしれない制度だなんて(認識が違っていたらすみません)・・・・。
 
2012-08-26 日 10:20:20 | URL | ココア #- [ 編集]

いなかものさん,こんにちは.

来年度からというわけじゃないですが,建設部門の択一は足切りになるので,何らかの対策を考えてあげるべきだと思っています.受講者さんのことを考えると,足切りを回避したうえでの論文添削かなと.

総監部門の択一は,過去問の蓄積やベースとなる青本もあるわけですし,市販本もそれなりに出ているので,それらで対策可能だと考えています(年々難しくなってはいますが……).
私自身,本業のコンサル業務との兼合いもあるので,総監部門の択一問題集まで作成するのは時間的に厳しいかなと……今後の検討課題とさせてください.
-------------------------------------
ココアさん,こんにちは.

過去(平成18年度まで)にも建設部門の択一式はあったのですが,添削講座で問題集を作って受講者さんに配布したことはありません(当時は択一が足切り対象じゃなかったので).
ですから,らがー講座の特権?が無くなるというか,特権そのものが存在しないわけで……今回が初めての試みなんです.

ココアさんがおっしゃるように,選択科目(新設される分野)の記述式で,合否が左右されるようになるかもしれませんね……こればっかりは蓋を開けてみないとわからないですが.
択一の足切りに対する認識は間違っていません.コスト削減(採点者の負担軽減)のためとはいえ,平成19年度に廃止した択一式を復活させるのはどうか,と個人的には思っています.
2012-08-26 日 14:32:05 | URL | らがー #- [ 編集]
Noahです.
ご無沙汰しております.
択一の復活には個人的に私も反対ですね.私自信はH14年度受験者ですので,建設部門の択一初年度?だったかと思います.(間違っていたらすみません.)
うる覚えですが問題数は15問で,択一の他にも建設一般の論文がある時期だったかと思います.
私の周辺では「択一での足切りあり」という情報があり,合格ラインは6割(9問正解)でした.
試験の最初に択一があり,そのあと建設一般,専門の論文を記載する順序でしたので,択一で自信が無かった人と思われる人がその後席を立たれた人が多かったのを記憶しています.
でも,採点する側にとっては白黒をはっきりできて良いのかも知れませんね.受験する側はご指摘の通り対策が大変ですね.地力が問われることになりそうです.
2012-08-31 金 21:45:16 | URL | Noah #hnp7Lnbs [ 編集]

Noahさん,こんにちは.

H13年度から択一は導入されています.H14年度は20問中15問を選択して解答する形式で,建設一般の論文もありました(択一と記述の両方が求められたわけです).当時から足切りの噂はありましたが,今回の改正では足切りを明言されていますからね……スパッと切って(論文を採点する)労力を減らすんでしょう.

多くの受験者を落としたいのか,勉強していない少数だけを落としたいのか……どの程度のレベルの択一問題になるのかによって,受験者の対応も変わってくるでしょうね.
2012-09-01 土 12:24:59 | URL | らがー #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター