何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 2012年10大ニュース
2012年10大ニュース
 例年通り,共同通信の2012年10大ニュースを転載してみた.笹子トンネル天井板崩落事故も重大な出来事だったと思うが,とかく今年は政治的な話題が多い(民主党の無能さが露呈した感じ).年明け口頭試験の方は,関係ありそうな10大ニュースの概要ぐらいは把握しておきたいところです.

国内ニュース
【1位】衆院選で自公が政権奪還、第2次安倍内閣発足へ
【2位】尖閣、竹島の領有権問題で日中、日韓関係が悪化
【3位】消費税増税法が成立、2段階で10%へ
【4位】iPS細胞の山中教授にノーベル賞
【5位】原発利用で国論二分、敦賀原発は廃炉濃厚
【6位】ロンドン五輪でメダル最多の38個
【7位】新型輸送機オスプレイを沖縄配備
【8位】尼崎連続変死事件、主犯格容疑者は留置場で死亡
【9位】家電メーカー総崩れ、エルピーダは破綻
【10位】東電が実質国有化、電力各社料金値上げへ

国際ニュース
【1位】米大統領選でオバマ氏再選
【2位】中国で習近平氏の新指導部発足
【3位】北朝鮮で金正恩氏の新体制発足、ミサイル発射強行
【4位】欧州債務危機深刻化、ギリシャ総選挙で緊縮派政権発足
【5位】シリアの内戦状態泥沼化、邦人ジャーナリストが銃撃死
【6位】スー・チー氏国会議員当選、ミャンマーで民主化進む
【7位】ロシアで大統領選、プーチン氏が4年ぶり復帰
【8位】中国の経済成長率減速、対日関係悪化の影響も
【9位】日本含むチームがヒッグス粒子とみられる新粒子発見
【10位】韓国で5年に1度の大統領選、保革候補が対決
共同通信社ホームページ:2012年10大ニュース

 文部科学省から来年度の試験実施大綱が公表されています.ずいぶん前から公開されている改正後の試験方法の具体的方向性(PDF)と大差無いようだが,建設部門は配点が微妙に変わっているようだ.択一は15問解答の1問2点配分かな?結局,パブコメは何ら反映されていない印象を受けるんだけど…….
 筆記試験段階で大幅な改正となる建設部門の記述だけを抜粋しておきます(下線・太字は加工).口頭試験の試問時間や配点などは各自で確認してみてください.

1.技術士第二次試験の実施について
(2)試験は、必須科目及び選択科目の2科目について行う。
 出題に当たって、総合技術監理部門を除く技術部門における必須科目については当該技術部門の技術士として必要な当該「技術部門」全般にわたる専門知識について、選択科目については当該「選択科目」に関する専門知識及び応用能力並びに課題解決能力について問うよう配慮する。

2.技術士第二次試験の試験方法
(1)筆記試験
ア 筆記試験は、必須科目については、総合技術監理部門を除く技術部門においては択一式により行い、選択科目については記述式により行う。
イ 筆記試験の問題の種類及び解答時間は、次のとおりとする。
 1 必須科目 「技術部門」全般にわたる専門知識 1時間30分
 2 選択科目 「選択科目」に関する専門知識及び応用能力 2時間
 3 選択科目 「選択科目」に関する課題解決能力 2時間
(2)口頭試験
イ 口頭試験は、技術士としての適格性を判定することに主眼をおき、筆記試験における答案(総合技術監理部門を除く技術部門については、課題解決能力を問うもの)及び業務経歴を踏まえ実施するものとし、筆記試験の繰り返しにならないように留意する。

参考ホームページ:平成25年度技術士第二次試験の実施について
参考ホームページ:平成25年度技術士第二次試験実施大綱

 コピペだけの記事になってしまったが,たまには「あり」かなと……今日の記事が本年最後となります.
 皆様,よいお年を.

―受講者さんへの事務連絡―
 先日も想定問題の配布時に案内しましたが,12月30日から1月2日までは休みを取る予定です.年明けは1月3日から添削を開始する予定です.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.

日々寸感 | 【2012-12-29(Sat) 10:36:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター