何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 「無理だよ」攻撃
「無理だよ」攻撃
 広島市の土砂災害は甚大な被害のようだ.豪雨による風化花崗岩斜面の表層崩壊で崩れた土砂が谷筋に流出して土石流が発生……というメカニズムか.こうした災害が発生すると,遅かれ早かれ,砂防ダムや砂防堰堤などの公共事業必要論が展開される.しかし,本筋は「危ない箇所には住まない」ことなんだろう.
 土砂災害警戒情報や避難勧告の精度向上には限界があるし,タイムラグは避けて通れない.もし適切な避難指示・勧告が発令されても,豪雨と暗闇という悪条件下では避難行動の選択肢も限られてしまう.ハザードマップや共助の強化は避難行動の一環として大切だが,「危ない箇所には住まない」というリスク回避も立派な避難行動(自助)だと思う.

 東日本大震災の教訓のひとつは,「津波被害を受ける沿岸部には住まない」ことだったはずだが,どうもマスコミでは,これと土砂災害が別系列で語られているような気がする.津波と土砂の違いだけで,危険箇所には住まないように,という点は同じことじゃないか…….
 たとえは悪いかもしれないが,シリアで拘束された邦人の行動をどう思われただろうか.おそらく「なぜ危険地域にわざわざ行くんだ?」という否定的な見方をされた人が大勢だと思う.そうだとすれば,目的意識はどうあれ,危ない地域に行く行為と危ない箇所に住む行為,これらは大差がないのではないか……自助のあり方の議論は重苦しい.
 今後も局所的な豪雨に対するハード整備は必要だが,そろそろ人口減少社会を見越した公費の使い道を探るのも一考だ.「どだい無理だよ」と頭を萎縮させなければ,既存住宅の移転促進を空き家問題とセットで考えてみるなど,知恵の絞り方はいくらでもある.

 筆記試験が終わった直後に重苦しい話ばかりはどうかと思うので,少し勉強法の話でも.
 引用した『完全保存版 できる人の勉強法』の「無理だよ」攻撃は,案外言われた人が多いんじゃないかな?しかし,現在の技術士試験は,やる前から「無理」と思い込む必要はない.とりあえずやってみればよいのである.

 「無理だよ」と、やる前から判断するのは本人だけではありません。 家族や教師、上司、友人、同僚などなど、あなたのまわりの人の中には、必ず「無理だよ」と言う人がいます。もしかすると、この周囲からの「無理だよ」攻撃は、自分で「無理だよ」と決めてしまうよりも強烈かもしれません。この「無理だよ」攻撃をする人たちは、確率統計がやけに得意です。必ず「合格率10パーセント」といった数字を持ち出して、あなたの芽をつもうとします。……中略……

 でも、こんな攻撃に屈してはいけません。そもそも人間は、仲間うちにズバ抜けて何かできる人が現れるのが本能的に嫌なのです。だから、そういう人を見つけると、無意識に、懸命になってその芽をつもうとします。このことを知っていれば、まわりからどれだけ「無理だよ」攻撃をされようと、気にならなくなります。周囲の雑音には耳を貸さず、自分はただ、ひたすら前に進んでいけば良いのです。
 『完全保存版 できる人の勉強法』 安河内 哲也 (著)から抜粋

 まわりの人から攻撃される前に,「願書に書ける業務が見当たらない」とか,「文章を書くのは苦手だし難易度も高い」とか,「過去に受験したけど歯が立たなかった(から二度と受験しない)」とか……せっせと言い訳を作って予防線を張るのはやめたほうがよい.それではいつまでたっても成長しないし,こうしたネガティブ思考を続けていると頭が萎縮してしまう.
 来年度の添削受講者さんには,初めて受験する30歳前後の若手がいる一方で,60歳を超えている熟練者もおられる.どちらの方も「無理だよ」攻撃を上手くかわして,「右も左もわからないけど,とにかくやってみよう」と前向きになっているようだ.やる前から難しく考えるのではなく,とりあえず一歩踏み出してみる姿勢は高く評価したい.

―平成27年(来年)度の受講者さんへの確認事項―
 現時点で,建設部門は1問〔内訳:Ⅱ-1(専門知識)想定問題その1(2問ずつ問題あり)〕を配布済みです.総監部門は想定問題その1を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

日々寸感 | 【2014-08-21(Thu) 19:26:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター