何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 直前の詰込み
直前の詰込み
 安保法制やギリシャ危機ですっかり影が薄くなった地方創生だが,先月末に「まち・ひと・しごと創生基本方針2015」が閣議決定された.「地方創生の深化」によりローカル・アベノミクスの実現を目指す……らしいが,目新しい具体策は見つからない……従来の地方活性化をローカル・アベノミクスと言い換えたぐらいか.結局,小渕内閣時代の「地域振興券」から名称が変わっただけの「プレミアム商品券」をばら撒いて地方創生は終わってしまうのか?

 毎年言っていることですが,いよいよ筆記試験が間近に迫ってきたので,自分なりに取捨選択して「やめること」を決めてください.あれもこれも手広くやっておきたい気持ちはわかりますが,「やること」ばかりで時間が足りないのは明らかです.
 試験日までの残り日数を考えると,今年度から足切が実施される択一式に注力したほうがよいと思います.短期的な勉強によって点数が伸びる択一に注力すべき,という点は総監部門も同じです.

 択一式は機械的に覚えるしかないが,記述式の覚える範囲(暗記する量)は,自らのレベルに応じて自分で決めればよい.ちなみに,準備した論文を一字一句丸暗記するよりも,現状や課題,解決策など,それぞれのパーツを確実に覚えるスタイルのほうがよいと思います.そうしないと,想定外の出題のときに対応できないので.
 試験当日は,どれだけの知識が自分の頭にインプットされているか,これだけが頼みの綱になります.いくら論理構成が立派でも,アウトプットすべき知識の絶対量が不足していたのでは目も当てられません.くどいようですが,現時点での自らのレベルを冷徹に見極め,自らのレベルに応じて覚える範囲を決めてください.それが「やめること」を決めるアクションにもつながります.

 道路科目で受験される方は,直前の詰込みとして,以下のファイルぐらいは目を通しておきましょう(受講者さんには想定問題配布時に案内済み).物事に絶対はありませんが,第49回基本政策部会配布資料に書かれている【道路の機能分化と「暮らしの道」の安全の推進】は来年度の出題じゃないかな?余力のある方は一読しておけばよいと思います.

PDF:平成27年度道路関係予算概要(詳細版)
参考ウェブサイト:国土交通省重点政策2014
PDF:第49回基本政策部会配布資料 【資料1】暮らしの中の安全・安心

日々寸感 | 【2015-07-03(Fri) 12:40:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター