何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 お疲れさまでした
お疲れさまでした
 昨日,今日と受験された皆さん,お疲れさまでした.

 ―総監―
 想定問題その5が第4次産業革命(IoT・ビッグデータ・人工知能)を踏まえた内容だったので,それなりに受講者さんは記述できたのではないでしょうか.とはいえ,技術ロードマップまで考慮した設問そのものは想定外でした.建設の受験者は,おそらく大半がインフラ点検を書いたと思うので,今年度も択一式の出来が合否を大きく左右するかもしれません.i-Constructionを熟知していれば,大規模造成(切盛)工事で書けば容易だったかも. 
 ざっとした感想は「第4次産業革命」に書いたので,目を通してみてください.

 ―道路【選択科目Ⅲ(課題解決能力)】―
 ひとつはメンテナンスサイクル,もう一つが事業評価だったようです.メンテナンスサイクルは選択科目Ⅱ-2の想定問題で用意していたので,受講者さんはこちらを選択したと思います.まさか3年連続の出題になるとは……他にも取上げるべきネタはあると思うんだけど.事業評価は予想外でした……正直ネタとしては古すぎるような気がします.

 ―道路【選択科目Ⅱ-1(専門知識),Ⅱ-2(応用能力)】―
 選択科目Ⅱ-1は,想定問題として準備した「道路緑化」と「地すべり対策工」を選択した受講者さんが多いと思います.これだけ想定問題と設問が似通っていれば,満足できる内容が書けたはず.「視距」と「As舗装の破損調査」は予想外でした.
 選択科目Ⅱ-2の「自動車ネットワーク計画」は,昨年度と今年度の想定問題をミックスした内容でした.今年度は(3)の問いを重視したので,これは難なく答えられたと思う.「近接施工」は予想外でした.それにしても,2問中1問を選択しないといけないのに,そのひとつが「既設の下部工に近隣した基礎工事」とは……作問委員の志向かもしれないが,道路科目の方向性として正しいのか?

 昨年同様,選択科目Ⅱ(専門知識・応用能力)の出題傾向を考えると,筆記合格に要する勉強範囲が増えた印象を受けました.事前に頭へ入れておかないと答えられない出題が増えた,とも言えます.やはり小手先の準備で受験しても合格は難しいかもしれません.

 総監部門の問題を提供してくれた“yanagiさん”,建設部門の問題を提供してくれた“Yさん”,迅速な対応ありがとうございました.
 とりあえずビールでも飲んで,筆記試験の疲れを癒してください.

出題予想 | 【2016-07-18(Mon) 18:45:01】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター