何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 道路標識への英語併記
道路標識への英語併記
 インバウンド対策の一環として,道路標識に英語表記を加えるようだ.「一時停止」と「徐行」以外の道路標識はどうするつもりなんだろう.
 標識柱はそのままで標識板だけを差替えるとしたら1万円ぐらいか.全国に約170万本なら170億円もかかるわけで,「一時停止」の見落とし事故(13件)に対する費用対効果はいかがかと思う.警察庁の主導なら,経産省の「温泉マークの変更見送り」みたいな醜態はさらさないはずだが,オリンピック大明神なら“何でもござれ”という風潮はどうかしている.

 警察庁は「一時停止」と「徐行」の道路標識に、それぞれ「STOP」「SLOW」と併記する方針を決め、デザイン案を15日に公表した。2020年東京五輪・パラリンピックに向けて訪日外国人の増加が見込まれるためで、今後、標識などのデザインを定める規則を改正する。……中略……
 「一時停止」の標識は約170万本、「徐行」は約1000本あり、来年7月以降、切り替えを進める方針。
 警察庁は16日~来年1月14日、改正案をホームページで公表し、国民の意見を募る。警察庁によると、国際免許や外国の免許などを所有するドライバーの事故は12年に178件だったが、15年は216件起きている。うち「一時停止」の見落としによる事故は、両年とも13件だった。
 交通標識「一時停止はSTOP」「徐行はSLOW」併記 - 毎日新聞2016年12月15日

 記事は標識だけだが,いずれ路面標示も見直すのか?ただでさえ縦長の「止まれ」の末尾に横文字で「STOP」を加えた場合,停止線から離れすぎてしまうし,ごちゃ混ぜでは見づらい.また,車両が直ちに停止できる速度で進行することが「徐行」だから,「SLOW」の意味合いも若干違うんじゃないかな.
 そもそも論になるが,英語併記って日本の風景(景観)としてどうなんだろうか.たとえば,「STOP」や「SLOW」の文字が写っている祇園や浅草の風景は,日本らしいといえるだろうか.自分の立場に置換えてみればわかりやすいが,海外旅行したとき,日本語表記されている標識が写る場所を撮影するだろうか.ここ最近の景観重視と逆行しているようで,どうにも合点がいかない.

 与太話からガラッと変わるが,一昨日は技術士第一次試験の合格発表でした.結果は合格率が43.1%(建設部門)と昨年の41.1%から若干改善したようです……それでも一昨年の61.1%には程遠いか.どうしても択一問題は,実施機関が想定している合格率に収束させるのが難しいんだろう.
 昨年同様,一次試験合格者の方から二次試験の添削受講申込みに関する問合せが来ています.添削受講の申込みについては,「建設部門(道路)の論文添削について」を読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

―平成29年(来年)度の受講者さんへ―
 現時点で,建設部門は7問〔内訳:Ⅱ-1(専門知識)想定問題その4(2問ずつ問題あり)まで,Ⅱ-2(応用能力)想定問題その3まで〕と,必須科目の択一問題集(第1巻・第2巻)を配布済みです.
 総監部門は記述式4問(想定問題その4まで)と択一問題集第1巻(経済性管理)・第2巻(人的資源管理)・第3巻(情報管理)・第4巻(安全管理)を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

道路科目 | 【2016-12-17(Sat) 12:14:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター