何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 自転車活用推進法
自転車活用推進法
 ゴールデンウィーク明けなので,お気楽な話題でも.
 以前渋谷でマリカー(リアルマリオカート?)を見かけたが,その傍若無人な振る舞いには驚かされた.後続車両の渋滞や強引な割込みなんて「どこ吹く風」という感じで,観光で浮かれている気持ちはわかるが,正直勘弁してほしい.
 安全対策の検討が始まるようだが,外国人観光客が手軽に乗れなくなったら,ビジネスモデルそのものが崩壊するんじゃないか……それでも死亡事故が起きるよりベターな選択だと思うが.

 事故多発地点における交差点改良や交通流シミュレーションにしても,運転動作の怠慢な高齢ドライバーが増えている現在,それを考慮しない状態でどれだけの効果や精度が期待できるんだろうか……とはいえ,抜本対策となる高齢ドライバーへの規制強化は外出機会の喪失や社会関係の希薄化につながる,というジレンマに陥っているから,とりあえずベターな対策を考えるしかないんだよなぁ.

 人気ゲームキャラクター「マリオ」などの衣装を着て公道を走るカートの事故が相次いでいることを受け、石井啓一国土交通相は9日の記者会見で、警察庁と連携し、カートにシートベルトを設置するなど、安全対策を検討することを明らかにした。
 国交省などによると、カートは主にレンタル会社から貸し出され、外国人観光客を中心に人気がある。
 一方で、3月には東京都港区で韓国人女性が交差点を曲がりきれずに交番にぶつかり、4月には米国人男性が軽トラックに衝突するなど、事故が相次いでいる。
 このカートは、公道を走る基準を満たしているが、排気量50CC以下の原動機付き自転車に位置付けられ、道路交通法などでシートベルトの着用が義務付けられておらず、四輪のためヘルメットも不要となっている。
 石井国交相は「事故実態を調査し、シートベルトの設置や他の車から見えやすくするなど、対策を検討する」と話した。
 公道カート安全対策を検討、国交相が表明 - 毎日新聞2017年5月9日

 さすがに,マリカー談義で終わったらまずいな.
 自転車専用道路や路外駐車場,シェアサイクル施設の整備などを国や地方公共団体に求める「自転車活用推進法」が5月1日に施行された.まー,毎度のように推進計画の策定からだが,国に自転車の活用を推進する「責務」を課した意義は大きい.
 また,第2条(基本理念)の「自転車による交通が……公共の利益の増進に資するものである」は,簡単に言うと「自転車は良いもの」というお墨付きを得たわけであり,こうした基本的認識が今後は求められるのかもしれない.この点,自転車とマリカーでは月とスッポンだ.
 あれやこれやと前置きが長くなったが,平成29年度技術士試験の道路科目は,自転車関連に要注意だ.自転車ネットワーク計画は昨年度出題されたばかりだが,メンテナンスサイクルのように複数年続けて出題されるケースもあるので,以下の資料ぐらいは目を通しておきましょう.

PDF:自転車活用推進法の施行について
PDF:自転車活用の推進に向けて

―受講者さんへの確認事項―
 現時点で,建設部門と総監部門のどちらも,記述式の想定問題は最終問題まで(択一問題集も全部)配布済みです.
 建設部門は15問〔内訳:Ⅱ-1(専門知識)想定問題その5(2問ずつ問題あり)まで,Ⅱ-2(応用能力)想定問題その5まで,Ⅲ(課題解決能力)想定問題その5〕と,必須科目の択一問題集(第1巻・第2巻)を配布済みです.
 総監部門は記述式7問(想定問題その7まで)と択一問題集第1巻(経済性管理)・第2巻(人的資源管理)・第3巻(情報管理)・第4巻(安全管理)・第5巻(社会環境管理)を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

道路科目 | 【2017-05-11(Thu) 20:04:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター