何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 最高速度の引上げ
最高速度の引上げ
 新東名における一部区間の最高速度を110km/hに引上げるようだ.口頭試験対策を進められている方は,時事ネタのひとつとして,概要と(自分なりの)課題解決策ぐらいは考えておきたい.
 それにしても政治がてんやわんやだ.風見鶏の小池氏が新党を立ち上げたから,格好のワイドショーネタになってしまった.保守系とリベラル系の議員が混在している民進党そのものも論外なんだけど……とにかく「コンクリートから人へ」のような希望ゼロの再来は勘弁願いたいところ.

 新東名高速道路の一部区間で11月1日から、最高速度110キロへの引き上げが試行されることが28日、決まった。大型トラックなどは現行の80キロに据え置かれるため、速度差が大きい車が混在することになり、事故防止に向けた安全確保が課題だ。警察庁や試行区間を管轄する静岡県警は車線のすみ分けやパトロール強化などの対策を進める。
 引き上げ区間は静岡県内の新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川IC間の上下線それぞれ約50キロ。100キロ超の最高速度は、国内で高速道路が開通した1963年以降、初めてとなる。
 対象は普通自動車やバスなど。大型貨物車やトレーラーは重大事故の危険性から80キロのままで、速度差が大きい車が一緒に走ることになるため、懸念も出ている。……中略……
 警察庁は年度内にも、東北自動車道の花巻南IC―盛岡南ICの上下線約30キロでも引き上げを試行する。両区間で少なくとも1年間は事故状況や実際の走行速度の変化についてデータを集め、検証結果をもとに120キロへのさらなる引き上げや、他の高速道での段階的な引き上げを検討する。……以下,省略……
 日本経済新聞 2017年9月29日(下線表記は加工)

 昨年,高速道路の規制速度を100km/hから120km/hへ段階的に引上げる方針が発表されていた.試行実施区間の成果次第だが,全国に対象区間を増やしていった場合,高齢ドライバーの運転技術は速度に対応できるんだろうか……低速にもかかわらず追越車線を走り続けてしまう「車両通行帯違反」も多発しているんだが.
 下世話な話だが,速度差の大きい車が混在する場合,オービスはどういう反応になるんだろうか.老朽化に伴い従来のオービス(レーダー式,ループコイル,H・LHシステム)は撤去されているが,その代わり安易に設置できる「移動式小型オービス」の導入が進んでいるから,ピンポイントで狙い撃ちされるのかな?

参考ウェブサイト:新東名/最高速度110km試行開始、大型トラックは80kmのまま(LNEWS)
参考ウェブサイト:新東名高速、最高速度110キロに 11月から一部区間(日本経済新聞)

―受講者の皆さんへ―
 来週末の10月14日(土曜日)と15日(日曜日)は,添削講座を通じて知り合った合格者さんたちとの懇親会なので添削できないと思います.10月13日に送られたメールは,基本的に10月17日以降の返信になります.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.
 現在受講されている方も,ぜひ合格していただいて,次回の懇親会への参加をお待ちしております.
―平成30年(来年)度の受講者さんへの確認事項―
 現時点で,建設部門は記述式3問〔内訳:Ⅱ-1(専門知識)想定問題その3(3問ずつ問題あり)まで〕を配布済みです.
 総監部門は記述式2問(想定問題その2まで)と択一問題集第1巻(経済性管理)を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

道路科目 | 【2017-10-03(Tue) 12:43:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター