何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 道路科目の筆記合格率
道路科目の筆記合格率
 昨年に引き続き,道路科目の筆記合格率を計算しておきます.ちなみに,受験率や受験地ごとの最終番号は仮定なので,この合格率はどこまで当てになるかわかりません.昨年の受験率は76.8%だから,今年も同様の受験率(77%)と仮定して考えてみます.
 申込者数(最終番号の合計)2,885*受験率0.77=受験者数2,221,
 合格者数368/受験者数2,221=筆記合格率16.6%(併願はノーカウント).
 昨年度の道路科目の筆記合格率は7.0%でしたが,今年度は例年並みに戻ったようです.口頭試験の難易度は,昨年の合格率(98.8%)より厳しくなるかも…….受験地別では,今年度は受験地によって差異は無い印象です.

 A:北海道…16.3%(223*0.77=172, 28/172=16.3%)
 B:東京……14.4%(756*0.77=582, 84/582=14.4%)
 C:大阪……17.6%(420*0.77=323, 57/323=17.6%)
 D:福岡……17.3%(352*0.77=271, 47/271=17.3%)
 E:名古屋…18.7%(243*0.77=187, 35/187=18.7%)
 F:仙台……17.3%(256*0.77=197, 34/197=17.3%)
 G:沖縄……10.7%( 37*0.77= 28, 3/ 28=10.7%)
 H:新潟……16.7%( 86*0.77=66, 11/ 66=16.7%)
 J:金沢……15.7%( 66*0.77= 51, 8/ 51=15.7%)
 K:広島……19.2%(162*0.77=125, 24/125=19.2%)
 L:高松……17.7%(145*0.77=113, 20/113=17.7%)
 M:横浜……15.9%(139*0.77=107, 17/107=15.9%)

 総監部門は建設-道路科目だけ計算してみます.昨年の受験率は79.3%だから,今年も同様の受験率(79%)と仮定して考えてみます.
 総監部門申込者数(最終番号の合計)498*受験率0.79=受験者数393,
 合格者数54/受験者数393=筆記合格率13.7%(併願はノーカウント).
 昨年の筆記合格率から改善したものの,相変らず狭き門のようです.口頭試験の合格率は例年通り(昨年は96.8%)だと思います.受験地別では,東京と仙台が厳しかった印象です.

 A:北海道…12.5%( 30*0.79= 24, 3/24=12.5%)
 B:東京…… 6.8%(112*0.79= 88, 6/88= 6.8%)
 C:大阪……15.8%( 72*0.79= 57, 9/57=15.8%)
 D:福岡……14.9%( 60*0.79= 47, 7/47=14.9%)
 E:名古屋…17.5%( 51*0.79= 40, 7/40=17.5%)
 F:仙台…… 6.8%( 56*0.79= 44, 3/44= 6.8%)
 G:沖縄…… 0.0%( 2*0.79= 2, 0/ 2= 0.0%)⇒受験者数は近年値
 H:新潟……33.3%( 8*0.79= 6, 2/ 6=33.3%)
 J:金沢……23.1%( 17*0.79= 13, 3/13=23.1%)
 K:広島……15.4%( 33*0.79= 26, 4/26=15.4%)
 L:高松……29.4%( 22*0.79= 17, 5/17=29.4%)
 M:横浜……17.9%( 35*0.79= 28, 5/28=17.9%)

 まだまだ結果の連絡は少ないのですが,私の添削指導のほうは,現時点(10月30日午後7時)で建設部門13名,総監部門5名の受講者さんが合格しているようです(添削指導の筆記試験結果は,後日別の記事として報告します).
 残念な結果だった方は,気持ちを入替えて頑張っていきましょう.厳しい言い方になるかもしれませんが,いつまで引きずっても結果は変わりません.今日の不合格と同時に添削受講を申込まれている人もおられるので,一日も早く再スタートしたほうがよいと思います.

―平成31年(今年)度の受講者さんへのお願い―
 受験番号しか掲載されないので,私のほうでは受講者さんの合否がつかめません.したがって,結果はメールで知らせていただきたいと思います.

日々寸感 | 【2019-10-29(Tue) 07:27:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター