何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 ETC利用率が50%を突破!
ETC利用率が50%を突破!
 道路が専門の方は,「使える」ハイウェイと合わせて,ETCの動向は把握しておきましょう. 

  国土交通省は12日、高速道路での自動料金収受システム(ETC)の利用率が9月30日―10月6日までの週平均で50.2%となったと発表した。国交省が「今春の目標」に掲げた水準を半年遅れで達成した。国交省は料金収受コスト削減や渋滞解消につながるとしてETC普及を進める方針。さらに利用率を高めるには、高速道路をたまにしか利用しない「サンデードライバー」への普及が課題となる。

 旧日本道路公団などは1日の民営化に先駆けてETC利用者に限った料金割引を実施してきた。民営化の成果を利用者に還元する狙いだが、現状ではETC利用率の高い大口利用者に恩恵が大きい。「NIKKEI NET 2005年10月13日」


 この記事に指摘されているとおり,私のような「サンデードライバー」への普及策が急務でしょう.はじめっから,yahoo!BBみたいに機材を無料で配布したほうがよかったのかもしれませんね.これぐらいの予算は確保できたでしょうから.

 これからの普及率の向上は,高齢ドライバーに対するアプローチの成否にかかっているでしょう.とかくメカ嫌いな傾向にある高齢者に対して,どんな施策を展開していくのか,明確な方向づけが重要です.

 ちょっと危惧される点として,今みたいにETC装着車ばかり優遇していると,そのうちマスコミから問題視されるでしょうね.
  
参考ホームページ:ETC利用率が50%を突破!?最近のETCの利用状況について?

―今日のことわざ―
後の祭り


道路科目 | 【2005-10-13(Thu) 11:23:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター