何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 どうなるの?道路特定財源
どうなるの?道路特定財源
 来年の専門問題は,道路特定財源がポイントになるかもしれませんよ.

 環境省は17日、道路特定財源の揮発油税などの暫定税率の上乗せ分を撤廃し半分にすると、ガソリンや軽油の価格が下がって需要が増え、自動車からの二酸化炭素(CO2)の排出量が1500万トン?2200万トン増加するとした試算結果をまとめた。
 試算は政府の京都議定書目標達成計画で2010年度までに想定している低燃費車普及によるCO2排出削減量(年間2100万トン)を上回るだけに、同省は「税率引き下げは自動車の低燃費化などの技術開発の努力を無にする可能性がある」と指摘している。
「共同通信 2005年10月17日」

 日本自動車工業会(自工会)の小枝至会長(日産自動車共同会長)は17日の記者会見で、……道路特定財源の見直し議論については「受益者負担の観点から道路整備に使われるべきで、一般財源化はおかしい。やるのであれば暫定税率を廃止すべきだ」と、自動車業界として反対する立場を改めて鮮明にした。
「NIKKEI NET 2005年10月17日」

 なんか混沌としていますね,環境省は暫定税率の上乗せ分の撤廃に反対,自動車業界は特定財源の一般財源化に反対…….
 このまま平行線を辿ると,ドサクサに紛れて増税したままになってしまいますね.
 
 それにしても環境省の言い分は一方的すぎるような気がします.「税率引き下げは自動車の低燃費化などの技術開発の努力を無にする可能性がある」と指摘されても……,あくまでパラメータが自由になる試算結果なのだから.
 環境省としては今後こうしたい,という方向性を示してほしいものです.いくらなんでも,税率を変えずに一般財源化はないでしょう.
 
 道路が専門の方は,道路特定財源について自分の考えをまとめておきましょう(環境問題と絡めて).口頭面接で聞かれるかもしれませんよ.
 
―今日のことわざ―
門前の小僧習わぬ経を読む


道路科目 | 【2005-10-18(Tue) 15:01:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター