何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 総合物流施策大綱について
総合物流施策大綱について
 意見募集になっていますが,技術士試験の改正と違って,この概要で決まりでしょう.道路が専門の方だけでなく,建設一般の「国際化」にも関連することなので目を通しておきましょう.

―今後推進すべき物流施策の基本的方向性―

1.スピーディでシームレスかつ低廉な国際・国内一体となった物流の実現
1.1現状と課題
・サプライチェーンマネジメント(SCM)の徹底などがグローバル規模で進んでいる.
・一層スピーディでシームレスかつ低廉な物流が求められている.
1.2あり方
 国際・国内の輸送モードの有機的連携による円滑な物流ネットワークの構築,物流拠点施設におけるロジスティクス機能の高度化などを推進していく必要がある.
 
2.「グリーン物流」など効率的で環境にやさしい物流の実現
2.1現状と課題
・京都議定書が発効しCO2 の排出削減目標の確実な達成が求められている.
・環境配慮型経営など企業の社会的責任(CSR)を果たすための取組の拡大が求められている.
2.2あり方
・企業の物流活動によるCO2 排出の削減に向けては,個別事業者単独の取組に頼るのではなく,国民的な運動を展開していく必要がある.
・自動車による貨物輸送がもたらす環境負荷を低減し,家庭や企業への輸送に係る都市内物流の効率性を改善するため,貨物自動車をより望ましい経路,時間帯に誘導するハード・ソフト一体となった貨物交通のマネジメント策が必要である.
・物流業務施設等の集約的な立地誘導、ロジスティクス・ハブ(高度なロジスティクス機能を有する物流施設)と既存の交通インフラとの有機的連携等により、効率的で環境負荷の小さい物流システムの構築を目指す必要がある.
・循環型社会の形成に向けて,適正かつ効率的な静脈物流システムの構築を推進していく必要がある.

3.ディマンドサイドを重視した効率的物流システムの実現
3.1現状と課題
 ジャストインタイムに対応した物流管理や輸配送,多頻度少量輸送等の対応が求められている.
3.2あり方
 交通渋滞や環境問題の深刻化を招来しないような効率的物流システムを構築していく必要がある.

4. 国民生活の安全・安心を支える物流システムの実現
 省略

 簡単にまとめてみました,相変わらず毎度の施策が多いですが…….こうした施策については,「自分で」噛み砕いておきましょう.そうしないと,本当に目を通しただけ,つまり棒読みになってしまいますよ.

参考ホームページ:総合物流施策大綱(2005-2009)の策定に関する意見募集について

―今日のことわざ―
楽は苦の種 苦は楽の種


建設一般 | 【2005-10-19(Wed) 12:26:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター