何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験 日々寸感
道路科目の筆記合格率
 昨年に引き続き,道路科目の筆記合格率を計算しておきます.ちなみに,受験率や受験地ごとの最終番号は仮定なので,この合格率はどこまで当てになるかわかりません.昨年の受験率は79.5%だから,今年も同様の受験率(80%)と仮定して考えてみます.
 申込者数(最終番号の合計)3,037*受験率0.80=受験者数2,430,
 合格者数455/受験者数2,430=筆記合格率18.7%(併願はノーカウント).
 昨年の道路科目の筆記合格率は9.4%だったので,大幅に改善されたようです.口頭試験の難易度は,昨年の合格率(96.6%)より厳しくなるかもしれません.受験地別では,東京や大阪などの都市部が善戦したようです.

 A:北海道…15.5%(275*0.80=220, 34/220=15.5%)
 B:東京……19.4%(794*0.80=635,123/635=19.4%)
 C:大阪……19.2%(436*0.80=349, 67/349=19.2%)
 D:福岡……19.8%(360*0.80=288, 57/288=19.8%)
 E:名古屋…19.6%(267*0.80=214, 42/214=19.6%)
 F:仙台……21.9%(296*0.80=237, 52/237=21.9%)
 G:沖縄……10.5%( 24*0.80= 19, 2/ 19=10.5%)
 H:新潟……17.8%( 91*0.80= 73, 13/ 73=17.8%)
 J:金沢……25.0%( 75*0.80= 60, 15/ 60=25.0%)
 K:広島……15.5%(145*0.80=116, 18/116=15.5%)
 L:高松……14.0%(142*0.80=114, 16/114=14.0%)
 M:横浜……15.1%(132*0.80=106, 16/106=15.1%)

 総監部門は建設-道路科目だけ計算してみます.昨年の受験率は79.1%だから,今年も同様の受験率(79%)と仮定して考えてみます.
 総監部門申込者数(最終番号の合計)505*受験率0.79=受験者数399,
 合格者数73/受験者数399=筆記合格率18.3%(併願はノーカウント).
 昨年の筆記合格率よりも今年は低下した感じです.口頭試験の合格率は例年通りだと思います.受験地別では,大坂,福岡,仙台が厳しかったようです.

 A:北海道…18.9%( 47*0.79= 37, 7/37=18.9%)
 B:東京……17.9%(120*0.79= 95, 17/95=17.9%)
 C:大阪……13.4%( 85*0.79= 67, 9/67=13.4%)
 D:福岡……11.1%( 34*0.79= 27, 3/27=11.1%)
 E:名古屋…15.1%( 67*0.79= 53, 8/53=15.1%)
 F:仙台……12.8%( 60*0.79= 47, 6/47=12.8%)
 G:沖縄…… 0.0%( 2*0.79= 2, 0/ 2= 0.0%)⇒受験者数は近年値
 H:新潟……50.0%( 13*0.79= 10, 5/10=50.0%)
 J:金沢……40.0%( 19*0.79= 15, 6/15=40.0%)
 K:広島……18.2%( 14*0.79= 11, 2/11=18.2%)
 L:高松…… 7.7%( 17*0.79= 13, 1/13= 7.7%)
 M:横浜……33.3%( 27*0.79= 21, 7/21=33.3%)

 まだまだ結果の連絡は少ないのですが,私の添削指導のほうは,現時点で建設部門8名,総監部門2名の受講者さんが合格しているようです(添削指導の筆記試験結果は,後日別の記事として報告します).
 残念な結果だった方は,気持ちを入替えて頑張っていきましょう.厳しい言い方になるかもしれませんが,いつまで引きずっても結果は変わりません.今日の不合格と同時に添削受講を申込まれている人もおられるので,一日も早く再スタートしたほうがよいと思います.

―平成28年(今年)度の受講者さんへのお願い―
 受験番号しか掲載されないので,私のほうでは受講者さんの合否がつかめません.したがって,結果はメールで知らせていただきたいと思います.

日々寸感 | 【2016-10-27(Thu) 07:33:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
懇親会
 今年の懇親会は京都開催でした.久しぶりに関西に帰ってきた印象です.今回参加できなかった方は,次回の参加を心待ちにしております.

 紅葉の時期には早いとはいえ,京都は観光客でごった返しているなぁ……これでも普段よりずいぶん少ないらしい.ここ数年は分散して昼食というパターンだったんだけど,今年は参加者が集まって京都劇場内で昼食を食べることに……関西グループの段取りに感謝です.
 南禅寺から銀閣寺までの「哲学の道」は,その名にふさわしく,日ごろ運動不足の皆さんには修行というか,あの距離を難なく歩くのは無理だった模様です.下見では修行道をバス移動したらしく,それじゃあ疲労度が読めないんじゃないか?と思ったのは私だけじゃないはず……このへんは関西グループのご愛敬ということで.

 何はともあれ代表幹事のオールAさん,幹事のりえ蔵さん,関西グループのみなさん,懇親会の段取りありがとうございました.

 夜の部は,黄桜酒造直営の「祥風楼」でスタート.関西グループのKさん御用達ということで,ずいぶん女将さんにサービスしていただいたような気がします……この雰囲気の店でドンチャン騒ぎしてよかったのか.それにしても,店構えや料理など一次会のハードルが上がってしまったので,来年の幹事さんは大変かも?
 首長が変わって(築地移転で)苦労されている方,夫婦ともに技術士でそろって参加された方,人口比率に比べて島根県の参加者が多いと再来年の開催地に名乗りを上げた!?方……などなど,毎度のことながら何でも“あり”の状態でした.毎回こんな感じですから,自分の都合に合わせて参加していただければと思います.
 職場や年齢,居住地もバラエティ豊かで,初めて参加された方も緊張することは無かったんじゃないでしょうか?この懇親会が続いているのは,初参加の方に声をかけてあげたり,話しやすい雰囲気を作ったり,と参加者一人ひとりの心遣いのおかげだと思っています.

 その後二次会は「台所 てんや」へ……大やかんさんの姿が見えなくなったのは気のせいか?ちなみに,懇親会で明かされた私の個人情報や添削の裏話は非公開ですから,皆さんには“大人の対応”を頼みます.
 今年も宴会部長のいなかものさんが開催地を決めてくれました.大方の予想通り「博多」になりました.来年の開催場所や幹事も決定してくれたので,どうやら次回も大船に乗っていけそうです.指名されたにぱーさん,お疲れさまです……おそらく代表幹事となる「よっしー1号さん」を含め,九州グループの皆さん,協力よろしくお願いします.

 皆さんから元気をいただいたので,また仕事と添削を頑張るつもりです.10月27日の筆記試験結果発表後,模擬面接の実施会場によって,皆さんに模擬面接の試験官役をお願いするかもしれないので,そのときには快く引受けてほしいと思っています.

―参加メンバーの皆さんへ―
 昨日はお疲れさまでした.写真を取られた方は,参加者全員にメールしてあげてください.次回の再会を楽しみにしております.

日々寸感 | 【2016-10-23(Sun) 06:20:25】
Trackback:(0) | Comments:(7)
シビアな現実
 まだまだ暑い最中ですし,筆記試験が終わった直後に小難しい話はどうかと思うので,少し今年度の試験に対する感想でも.

 建設部門はビックリするぐらい択一式の出来が良い.受講者さんからのメールでも,パーフェクトの方も複数おられるし,おそらく7割程度の方が「足切」逃れになったのではないか.当たり前だが,今年度は足切になる受験者が少ないので,記述式の採点基準は厳しくなると思います.昨年度までは,選択科目ⅡとⅢどちらか片方がB評価の「合わせ技」でA評価も散見されたが,今年度はⅢがA評価じゃないと筆記合格は難しいかもしれない.

 「足切」逃れに安堵するのではなく,記述式の採点基準が厳しくなるという現実を踏まえて,記述式の出来を(自分なりに)冷静に分析し,いまいちの状態なら早めに再スタートを切ったほうがよいと思います……情けを欠くようだが,シビアな現実を受入れる姿勢も大切です.今から考えても筆記結果発表まで2か月あるので,その期間を有意義に活用してほしいところ……毎度のことながら年度末に向けて勉強時間が取れなくなるので.
 選択科目Ⅱは口頭試験で問われないとされているが,Ⅱ-2-1のフォローとして,筆記試験後に公表された「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドラインの一部改定について」には目を通しておきましょう.

 総監部門は,択一式が平易だったわけじゃないので,記述式の採点基準は例年通りでしょう.口頭試験対策の一環として,第4次産業革命(IoT・ビッグデータ・人工知能)の概要は把握しておきたいところ.
 お手軽な新書だと,以下の2冊がおすすめです.
Amazon:ビッグデータと人工知能 - 可能性と罠を見極める(中公新書) 西垣通(著)
 乱暴にまとめると,楽観論(技術的に考えて人工知能は人間を支配できない)です.人工知能やシンギュラリティ(技術的特異点)に対する科学技術的な考え方が論じられています.
Amazon:人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊(文春新書) 井上智洋(著)
 こちらは悲観論(労働が人工知能に代替される,人工知能が人間を支配する)です.ベーシックインカム(BI)の箇所はすっ飛ばしてもよいと思います……お花畑の議論なので.

―平成29年(来年)度の受講者さんへの確認事項―
 現時点で,建設部門は1問〔内訳:Ⅱ-1(専門知識)想定問題その1(2問ずつ問題あり)〕を配布済みです.総監部門は想定問題その1を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

日々寸感 | 【2016-08-20(Sat) 12:49:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
(事務連絡)論文添削について
―平成29年(来年)度の受講を考えられている皆さんへ―
 すでに来年度初めて二次試験を受ける方から添削指導の申込みが届いている状況なので,本日7月18日から平成29年(来年)度受験に向けた論文添削の申込みを開始します.  
 建設部門は,択一式で6割未満の正答だと記述式が採点されません(足切が実施されます).そのせいか,建設部門は特に添削指導の申込みが例年より早いような気がします.年度末は多忙な業務で勉強できなくなるため,早い時期から少しでも勉強を進めようとしている方が多いのかもしれません.
 最近は年度末だけでなく,年中通して忙しい!?せいか,総監部門も申込みが早いようです.
 申込みについては,「建設部門(道路)の論文添削について」あるいは「総合技術監理部門の論文添削について」を読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

―平成28年(今年)度の受講者の皆さんへ―
 口頭試験に向けた準備を進められる方は,筆記試験の答案(建設部門の場合は選択科目Ⅲだけ)を再現しておいてください.再現さえ済ませておけば,しばらく休息を取ってもよいと思います.
 毎年お伝えしていることですが,筆記試験がサッパリだったなぁ~と自覚している受講者さんは,口頭試験に向けた準備を進めるか,今年はキッパリあきらめて来年に向けてボチボチ始動するか,このへんの判断は各自に任せたいと思います.

日々寸感 | 【2016-07-18(Mon) 19:00:38】
Trackback:(0) | Comments:(0)
いよいよ「祭り」だ!
 いよいよ来週は技術士の筆記試験です.
 今年度の受講者さんの傾向を見ると,ゴールデンウィーク以降バタバタと準備を始めた方が多かったと感じています……とは言っても,ここまで来たら「もっと早い時期から少しずつ準備すればよかった」と言い訳しても仕方ありません.残り一週間しかないんだから,あれもこれもと新たなことを始める愚行は謹んで,これまでの復習に注力してください.

 特に,択一式は復習(詰込み)の効果が高いと思います.どうせ試験直後に忘れてしまう知識になるでしょうが,今は綺麗事を言っている場合ではありません.「勝てば官軍」の気持ちで頑張ってください.
 今年も恒例の!?画像を掲載しておきます.筆記試験日が前倒しされたので季節感がないような気もしますが……技術士試験は当日何が起こるかわからないから,やっぱり「祭り」がふさわしいと思う.
CIMG09458
 毎年言っていることですが,筆記試験当日の心得としては「自分が冷静な状態でいられるかどうか」を重視してください.
 建設部門と総監部門,どちらの部門も設問が何を問うているのか,という設問趣旨を正確に読み取ってほしいと思います.設問で要求されている事項から逸脱している論文は,いくら立派な内容を書いてもB評価以下になります.
 予想外の問題が出題されても,自分一人が慌てる必要はありません.みんな一緒の状態なんだから,深呼吸して一息入れて冷静さを取戻してください.

 精神論で合格できるほど甘い試験じゃないですが,気持ちの持ち方も大切です.昨年は寺田寅彦の「科学者とあたま」を掲載しました.
 「いわゆる頭のいい人は,言わば足の早い旅人のようなものである.人より先に人のまだ行かない所へ行き着くこともできる代わりに,途中の道ばたあるいはちょっとしたわき道にある肝心なものを見落とす恐れがある. 」→択一式は早い者勝ちではありません.建設部門は今年度から足切が実施されるんだから,設問の読み違えやマークミスなど,見直しを徹底しましょう.

 今年は相田みつをの「にんげんだもの」を掲載しておきます.
 「やれなかった やらなかった どっちかな」→堅苦しい格言より,試験勉強の本質を突いているかもしれません.「やらなかったんだ だってにんげんだもの」というオチは不要です.

 このブログを見ている皆さんの健闘を期待しております(当たり前だが受講者さんは特に!).自分がやってきたことに自信を持って,最後まであきらめずに頑張ってください.

日々寸感 | 【2016-07-09(Sat) 09:01:03】
Trackback:(0) | Comments:(2)
2015年10大ニュース
 共同通信の10大ニュースでは,1位が安保法成立,2位がTPP大筋合意,3位が沖縄県辺野古の埋立工事を国が強行,というラインナップだった.今年は読売新聞のものを掲載してみたが,安保法は6位で,沖縄の話はトップ10にすら入っていない……このへんは保守系たる所以か?
 五輪エンブレムも“やっちゃった感”が強いが,新国立競技場のドタバタ劇のほうが業界的には話題だったような……出来レースの呼び声が高いA案は,すでに解体された富士山レーダードーム(富士山測候所)と同じパターンだったのかもしれない.
 年明け口頭試験になる総監部門の方は,関係ありそうな10大ニュースの概要ぐらいは把握しておきたいところです.

国内10大ニュース
【1位】大村さん梶田さんノーベル賞
【2位】ラグビーW杯 日本3勝
【3位】「イスラム国」日本人殺害
【4位】マイナンバー始まる
【5位】関東・東北豪雨8人死亡
【6位】安全保障関連法が成立
【7位】北陸新幹線開業
【8位】建物の杭データ偽装
【9位】TPP大筋合意
【10位】東京五輪エンブレム撤回

海外10大ニュース
【1位】パリ同時テロ130人死亡
【2位】ネパール大地震9000人死亡
【3位】米・キューバ国交回復
【4位】欧州で難民急増
【5位】ミャンマー総選挙 NLDが圧勝
【6位】独VW 排ガス不正
【7位】英ウィリアム王子 長女誕生
【8位】FIFA汚職疑惑
【9位】仏新聞社で銃撃テロ
【10位】ギリシャ「反緊縮」政権 ユーロ危機深刻化

YOMIURI ONLINE:2015年日本の10大ニュース
YOMIURI ONLINE:2015年海外の10大ニュース
SANSPO.COM:今年の十大ニュース、国内1位は「安保法成立」

 これから口頭試験を受ける総監部門の方は,「倫理は問われない」と頭から決めつけず,「8位:建物の杭データ偽装」に対する改善策は考えておきましょう.国交省から「基礎ぐい工事問題に関する対策委員会中間とりまとめ報告書について」も示されています.
 直近の日経コンストラクション(12月28日号)や12月10日のNHKクローズアップ現代,これらに取上げられた「落橋防止装置の溶接不良」も同様の話です.

 先週の発表以降,一次試験合格者の方から二次試験の添削受講申込みに関する問合せが来ています.二次試験に向けてやる気になっている合格者の方々に対し,すでに締切では申し訳ないので,若干名受入れようと思っています.添削受講の申込みについては,「建設部門(道路)の論文添削について」を読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.
 来年技術士試験を受験される方は,年末年始は多忙で時間が取れないから勉強できない,という考え方を見直しましょう.その考え方は,勉強したくないから時間が取れないと言い訳しているだけなので……小言になりましたが,今日の記事が本年最後となります.
 皆様,よいお年を.

―受講者さんへの事務連絡―
 現時点で,建設部門は9問〔内訳:Ⅱ-1(専門知識)想定問題その4(2問ずつ問題あり)まで,Ⅱ-2(応用能力)想定問題その4まで,Ⅲ(課題解決能力)想定問題その1まで〕と,必須科目の択一問題集(第1巻・第2巻)を配布済みです.
 総監部門は記述式4問(想定問題その4まで)と択一問題集第1巻(経済性管理)・第2巻(人的資源管理)・第3巻(情報管理)・第4巻(安全管理)・第5巻(社会環境管理)を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

 受講者さんには昨日案内しましたが,12月30日から1月3日までは休みを取る予定です.年明けは1月4日から添削を開始する予定です.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.

日々寸感 | 【2015-12-26(Sat) 09:05:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
前のページ 次のページ
リンク
建設部門 択一問題集  平成29年度版
総監部門 択一問題集  平成29年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター