何回でも論文添削!技術士(建設部門・総合技術監理部門)受験
道路デザイン
 9万年前の阿蘇山における噴火想定が甘いとして,伊方原発3号機が運転差し止めを命じられた.原発の運用期間は原則40年なのに,その期間に発生する可能性をどう評価しているんだろうか……科学技術的な観点からは二の句が継げない.
 それはさておき,周期的に起こる景観ブーム……今回はインバウンド対策の一環としてスポットライトが当たったようだ.10月の報道発表をいまさらブログ記事にするのはどうか,とも思うが,このところ忙しかったということで.
 平成29年度の筆記試験後に公表されたものだし,11月号の「道路」でも特集されていたから,平成30年度は要注意のトピックかも……道路デザインの定義や目的,基本的方向性など,いかにもⅡ-1(専門知識)で問われそうな内容だ.

 「道路デザイン指針( 案) 」(平成1 7 年4 月策定、以下「指針( 案) 」)及び「景観に配慮した防護柵の整備ガイドライン」(平成16 年3 月策定、以下「ガイドライン」)により景観やデザインに配慮した道路整備が一定程度進んできた一方、インバウンド観光の増加等も踏まえて良好な道路の景観形成への要請もますます高まっています。
 このため、国土交通省では、「指針( 案)」及び「ガイドライン」について、内容の更新や充実が必要な部分の改定を目的に、「道路のデザインに関する検討委員会」( 委員長:天野光一 日本大学教授)を本年3 月に設置し、検討を進めてまいりました。
 検討の結果、「指針( 案)」については、道路空間の再構築など時代に合わせた変更等の部分的な改定を行い、「ガイドライン」については、照明、標識柱など道路空間に数多く設置される道路附属物等が道路景観に与える影響の大きさに鑑み、防護柵以外の道路附属物等も対象とするなど全面改定するかたちで「景観に配慮した道路附属物等ガイドライン」を策定いたしました。
 「道路デザイン指針( 案) 」の改定及び「景観に配慮した道路附属物等ガイドライン」の策定について 平成29年10月11日報道発表資料

 ガイドラインの意図は理解できるが,実務上の警察(公安)協議では視認性重視なので,色彩ひとつとっても採用への道のりは遠い.防護柵どころか,あちこちに視線誘導標の設置も指示されるしなぁ……景観なんてどこ吹く風……とは言っても,一時的な訪日外国人の景観認識を優先するより,恒常的な高齢ドライバーや視覚障害者の視認性(安全性)を重視すべき,という考え方は妥当だ.
 ガードレールの色彩はグレーベージュが基本だが,山口県の黄色(オレンジ色)はどうなるんだろうか?たとえガイドラインから逸脱していても,頑なに視認性重視で整備していくんだろうか.まー,全国に掃いて捨てるほどある白色のガードレールも推奨外の色彩だから,この問題は一朝一夕には解決できない.
 そもそも論になるけど,全国どこもかしこもインバウンド対策すれば地域活性化,という安直な考え方が間違っているんじゃないか?

 話はガラッと変わるが,昨日は技術士第一次試験の合格発表でした.結果は合格率が49.2%(建設部門)と昨年の43.1%から改善したようです……それでも26年度の61.1%には程遠いか.どうしても択一問題は,実施機関が想定している合格率に収束させるのが難しいんだろう.
 昨年同様,一次試験合格者の方から二次試験の添削受講申込みに関する問合せが来ています.添削受講の申込みについては,「建設部門(道路)の論文添削について」を読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

PDF:道路デザイン指針(案)
PDF:景観に配慮した道路附属物等ガイドライン
PDF:「道路デザイン指針(案)」及び「景観に配慮した道路附属物等ガイドライン」の概要

―受講者さんへの事務連絡―
 私用で12月23日(土)から24日(日)は添削をお休みさせてください.12月22日(金)に送られたメールは,基本的に12月25日(月)以降の返信になります.ご無理を言いますが,よろしくお願いします.
―平成30年(来年)度の受講者さんへ―
 現時点で,建設部門は6問〔内訳:Ⅱ-1(専門知識)想定問題その3(2問ずつ問題あり)まで,Ⅱ-2(応用能力)想定問題その3まで〕と,必須科目の択一問題集(第1巻・第2巻)を配布済みです.
 総監部門は記述式4問(想定問題その4まで)と択一問題集第1巻(経済性管理)・第2巻(人的資源管理)・第3巻(情報管理)・第4巻(安全管理)・第5巻(社会環境管理)を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

道路科目 | 【2017-12-15(Fri) 08:05:07】
Trackback:(0) | Comments:(0)
建設部門の択一式問題集について
 建設部門の択一式問題集をデジタルマーケット(DLmarket)でダウンロード販売します.本問題集は,技術士第二次試験で過去(平成13年度~平成18年度),および昨年まで(平成25年度~平成29年度)に実施された択一問題の出題傾向を踏まえて作成したものです.
 なお,「建設部門(道路)の論文添削について」で書いているように,平成30年度の添削受講者さんには追加料金無し(無料)で択一式の問題集を配布します(間違って購入しないようにしてください).

 それぞれの書籍はDLmarketにリンクを張っています.第1巻と第2巻は,それぞれリンク先の「この商品は試聴できます」からサンプル確認できます.

技術士第二次試験「建設部門」必須科目 択一問題集 第1巻&第2巻 平成30年度版
 第1巻と第2巻のセットです.2冊で¥5,000(1冊あたり¥2,500:税込)になります.
技術士第二次試験「建設部門」必須科目 択一問題集 第1巻 平成30年度版
 第1巻の問題数は201問,A4判全250ページ(解説込),¥2,800(税込)です.
技術士第二次試験「建設部門」必須科目 択一問題集 第2巻 平成30年度版
 第2巻の問題数は201問,A4判全247ページ(解説込),¥2,800(税込)です.

 本問題集をアップロードしたDLmarketの都合上,第1巻と第2巻に分冊していますが,どちらの巻も同じような構成としています.片方の巻だけ国土交通白書の内容に出題が偏っているとか,片方の巻だけ図表の問題が多い……なんてことはありません.なお,第1巻と第2巻で2問だけ重複しています.

 DLmarketでの購入方法は,早わかり購入手順をご覧ください.なお,DLmarketから当方に,購入者の個人情報(氏名やEメールアドレスなど)が流れてくることはありません(皆さんの個人情報は取得しない設定にしています).

 誤字脱字や出題ミスなどを無くす努力はしましたが,私も普通の人間ですから,不備な点は残っているかもしれません.疑問点や指摘事項がありましたら,以下のフォームからご連絡くださいますようお願いします.
 「択一式問題集に関する疑問点や指摘事項」の連絡はここをクリックしてください.

 ここから下のスペースに,問題集に関して判明したミスや修正点を列挙する予定です(ワープロの打ち間違いは矢印で修正).

択一式問題集 | 【2017-11-28(Tue) 07:30:34】
Trackback:(0) | Comments:(4)
模擬面接
 先週末は福岡,先々週末は東京で,今年度も模擬面接を開催しました.
 参加費用は開催地によって異なりますが,参加者全員が3回ずつ模擬面接と講評を受けたので,費用対効果を考えると十分ペイしたのではないでしょうか.模擬試験官役からの厳しいツッコミのおかげ!?で,受講者さんは解消すべき弱点が見えたと思います.あとは,模擬試験官役から指摘された点を改善するだけです.
 とりあえずフォーラム8方向の写真でも……渋谷センター街は安室一色でしたが.

 模擬面接を実施した感想としては,建設部門の場合,業務経歴の詳細欄には図表が無いので,試験官の頭の中に平面・断面状況をイメージさせられるかどうか,が最大のポイントだと思います.こうした身振り手振りの説明は事前の練習量がものをいうので,本番の面接日まで繰返し練習してください.また,質問に対する回答は「長々としゃべらず簡素に」を心掛けましょう.
 模擬試験官役として【東京】で参加された3名(ミレイパパさん,とんぼさん,大阪から強引に呼び寄せた女性のKさん),【福岡】で参加された2名(いなかものさん,にぱーさん),皆さんには本当に感謝しております.飲食代や面接後の反省会は全員自腹ですから,皆さん実質的に赤字だと思いますが,これも「後進のため」ということで,今後もよろしくお願いします.
 福岡については,いなかものさんのブログ(模擬口頭試験行って来ました!)にも掲載されています.

 来週から面接本番になるので,くれぐれも体調管理には気を付けましょう.毎年お伝えしていることですが,先に面接を受けた受講者さん(先発組)から得た情報を,後から面接を受ける受講者さん(後発組)へ垂れ流すことはありません.今までもそうしてきたし,これからもその考えに変わりはありません.

―平成30年(来年)度の受講者さんへ―
 現時点で,建設部門は5問〔内訳:Ⅱ-1(専門知識)想定問題その3(2問ずつ問題あり)まで,Ⅱ-2(応用能力)想定問題その2まで〕と,必須科目の択一問題集(第1巻・第2巻)を配布済みです.
 総監部門は記述式3問(想定問題その3まで)と択一問題集第1巻(経済性管理)・第2巻(人的資源管理)を配布済みです.
 もし手元に届いていないようでしたら,メールで連絡してください.セキュリティソフトによっては,送付したメールが弾かれたかもしれないので.

日々寸感 | 【2017-11-21(Tue) 05:55:50】
Trackback:(0) | Comments:(2)
(事務連絡)論文添削について
 今年は災害対応に追われ,9月頃から年度末状態の方もおられるようです.深夜残業や休日出勤,RCCM試験の勉強など,ブログを見る余裕すらない方もおられるので,あまりにも早い時期に添削受講を締切するのは避けようと思います.
 とは言え,現時点で,すでに50名(建設部門34名,総監部門16名)の受講者さんを抱えている状況なので,申込みを考えている人は早めに決断してください.私の処理能力から考えると60名の受入れは難しいと思います.ちなみに,今年も道路科目は新規の申込みが多い状況です.

―平成30年(来年)度の添削受講について―
 論文添削の受講申込みは,建設部門(道路)と総監部門,どちらも11月20日の月曜日には締切します.聞かれることが多いので事前にお伝えしておきますが,申込みと同時に入金ではないので,月末払いやボーナス払いなど支払い時期は相談に乗ります.
 上述した理由で締切を延ばしていますが,この日まで受付できる可能性は低いと思います.私の処理能力から考えると,無尽蔵に受講者さんを増やせないので,ご了承願います.
 すでに受入れ枠は限界に近づいていますから,今後の申込みについてはお断りする可能性もあります(先着順です).申込みについては,「建設部門(道路)の論文添削について」あるいは「総合技術監理部門(建設)の論文添削について」を読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

 なお,私としては,これまでの受講者さんを優先的に引き受けるつもりです.これまで一度でも受講された受講者さんが再チャレンジを希望される場合などは,締切後でも結構ですから,私宛に直接メールしてほしいと思います.

日々寸感 | 【2017-11-05(Sun) 08:28:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
添削指導の筆記試験結果
 受講者さん全員から連絡が来ていないのですが,現時点(11月3日午前7時)の更新で,今年の添削指導結果は確定とします.なお,残念な結果だった受講者さんから「講座の合格率を下げてしまって申し訳ありません」というメールをいただくのですが,あくまで参考データですから気にしないでほしいと思います.
 受講者さんの総数は56名,内訳は,建設部門(道路科目)39名,総監部門17名でした.

 まず,建設部門(道路科目)39名の結果を書きます.
 17名が筆記合格されました.受験地は,北海道,東京,大阪,福岡,名古屋,仙台,金沢,広島,横浜です.単純な合格率を算出すると,17/39=43.6%です.この分母の中には「添削料を払ったけどまったく勉強しなかった人」や「仕事の都合で勉強できなかった人」,「択一で及第点が確保できていない人」も含まれます.なお,受験を見送った人や失格者はいないと仮定しています.当たり前ですが,そのへんを考慮すると実質的な合格率は上がります.

 つぎに,総監部門17名の結果を書きます.
 7名が筆記合格されました.受験地は,北海道,東京,大阪,名古屋,新潟,仙台です.単純な合格率を算出すると,7/17=41.2%です.建設部門と同様に,この分母の中には「添削の途中でリタイアした人」も含まれます.総監部門の場合,択一の出来も合否を左右するので,あんまり参考にならないかも.

 以下,今年の筆記試験結果を踏まえた私見です.
 建設部門(道路)については,昨年61.0%という過去最高合格率の反動があったようです.例年受講者さんの筆記合格率は40%前後なので,その点では通常値に戻った感じです.受験者全体の筆記合格率から考えると,口頭試験の合格率は昨年並みでしょう.  
 総監部門については,すでに技術士の方が受験者層という実情を考えると,相変わらず狭き門です.受験者全体の合格率に比べ,受講者さんは健闘された印象です.今年は極端に筆記合格率が低いようですが,口頭試験の合格率は例年通りだと思います.口頭試験対策は,何より総監の頭になっているかどうか,これを確認しながら準備を進めましょう.

―平成30年(来年)度の添削受講について―
 現時点(11月3日午前7時)で,すでに46名(建設部門32名,総監部門14名)の受講者さんを抱える状況になりました.
 例年のように,筆記試験の結果発表日から10日前後で締切るのはまずい,と思っているのですが,私の処理能力から考えると50名程度が限界だと思うので,今年も早い時期に受講を締切るかもしれません.申込みを考えている人は早めに決断?してください.
 添削指導の申込みについては,「建設部門(道路)の論文添削について」あるいは「総合技術監理部門の論文添削について」を読まれたうえで「申込みフォーム」からお願いします.

添削指導結果 | 【2017-11-01(Wed) 08:03:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
道路科目の筆記合格率
 昨年に引き続き,道路科目の筆記合格率を計算しておきます.ちなみに,受験率や受験地ごとの最終番号は仮定なので,この合格率はどこまで当てになるかわかりません.昨年の受験率は79.1%だから,今年も同様の受験率(79%)と仮定して考えてみます.
 申込者数(最終番号の合計)2,992*受験率0.79=受験者数2,364,
 合格者数444/受験者数2,364=筆記合格率18.8%(併願はノーカウント).
 昨年度の道路科目の筆記合格率は18.5%だったので,今年度も似たり寄ったりです.口頭試験の難易度は,昨年の合格率(93.2%)並みでしょう.受験地別では,今年度は受験地によって差異があった,と言えるような結果です.

 A:北海道…24.7%(245*0.79=194, 48/194=24.7%)
 B:東京……18.7%(778*0.79=615,115/615=18.7%)
 C:大阪……17.8%(420*0.79=332, 59/332=17.8%)
 D:福岡……13.6%(354*0.79=280, 38/280=13.6%)
 E:名古屋…18.4%(275*0.79=217, 40/217=18.4%)
 F:仙台……15.7%(273*0.79=216, 34/216=15.7%)
 G:沖縄……20.7%( 37*0.79= 29, 6/ 29=20.7%)
 H:新潟……27.2%( 70*0.79= 55, 15/ 55=27.2%)
 J:金沢……35.0%( 76*0.79= 60, 21/ 60=35.0%)
 K:広島……15.0%(168*0.79=133, 20/133=15.0%)
 L:高松……13.9%(155*0.79=122, 17/122=13.9%)
 M:横浜……27.9%(141*0.79=111, 31/111=27.9%)

 総監部門は建設-道路科目だけ計算してみます.昨年の受験率は78.7%だから,今年も同様の受験率(79%)と仮定して考えてみます.
 総監部門申込者数(最終番号の合計)473*受験率0.79=受験者数374,
 合格者数36/受験者数374=筆記合格率9.6%(併願はノーカウント).
 昨年の筆記合格率から今年は大幅に低下した感じです.口頭試験の合格率は例年通り(93%前後)だと思います.受験地別では,仙台だけが昨年より改善しているようです.

 A:北海道… 6.7%( 38*0.79= 30, 2/30= 6.7%)
 B:東京……11.8%(129*0.79=102, 12/102=11.8%)
 C:大阪…… 6.1%( 62*0.79= 49, 3/49= 6.1%)
 D:福岡…… 7.8%( 65*0.79= 51, 4/51= 7.8%)
 E:名古屋… 5.4%( 47*0.79= 37, 2/37= 5.4%)
 F:仙台……15.6%( 40*0.79= 32, 5/32=15.6%)
 G:沖縄…… 0.0%( 2*0.79= 2, 0/ 2= 0.0%)⇒受験者数は近年値
 H:新潟……20.0%( 13*0.79= 10, 2/10=20.0%)
 J:金沢…… 6.7%( 19*0.79= 15, 1/15= 6.7%)⇒受験者数は近年値
 K:広島…… 9.1%( 14*0.79= 11, 1/11= 9.1%)
 L:高松…… 7.7%( 17*0.79= 13, 1/13= 7.7%)⇒受験者数は近年値
 M:横浜……14.3%( 27*0.79= 21, 3/21=14.3%)⇒受験者数は近年値

 まだまだ結果の連絡は少ないのですが,私の添削指導のほうは,現時点で建設部門5名,総監部門2名の受講者さんが合格しているようです(添削指導の筆記試験結果は,後日別の記事として報告します).
 残念な結果だった方は,気持ちを入替えて頑張っていきましょう.厳しい言い方になるかもしれませんが,いつまで引きずっても結果は変わりません.今日の不合格と同時に添削受講を申込まれている人もおられるので,一日も早く再スタートしたほうがよいと思います.

―平成29年(今年)度の受講者さんへのお願い―
 受験番号しか掲載されないので,私のほうでは受講者さんの合否がつかめません.したがって,結果はメールで知らせていただきたいと思います.

日々寸感 | 【2017-10-31(Tue) 07:41:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
前のページ 次のページ
リンク
建設部門 択一問題集  平成30年度版
総監部門 択一問題集  平成30年度版
月別アーカイブ
E-NEXCOドライブプラザ
FC2カウンター